シャネル注射(NCTF135HA)

シャネル注射(フィロルガ注射,NCTF135HA)とは

シャネル注射とは、エイジングケア・皮膚再生分野で世界的に有名な、フランスFILORGA(フィロルガ)社が開発した「NCTF135HA」を使った細胞再生注射です。 お肌に必要な有効成分を厳選・凝縮して配合しているため、一度の施術でも高い効果を期待できます。 お肌の潤い、ツヤ、ハリ、透明感、毛穴の開きの改善、目じりの小じわの改善など様々なエイジングケアに最適です。

シャネル注射の特徴

こだわり抜かれた成分

超高濃度ヒアルロン酸、ビタミン12種類、アミノ酸24種類、コエンザイム6種類、ヌクレオチド5種類、ミネラル6種類、その他グルタチオンなど、計55種の美容成分が超高濃度で含まれています。 肌に必要な有効成分を厳選・凝縮して配合しているため、ヒアルロン酸単体の注入と比較すると、よりトータル的な効果を実感することができます。

カスタマイズ注射

シャネル注射はその有効成分の多さから単独でも十分に肌質・トーンの改善効果を期待出来ますが、他の薬剤と混ぜて注射することで、さらに効果的な結果が期待できます。 当院ではオプションでシャネル注射にボトックスを追加でき、「シャネル注射+マイクロボトックス」の施術が可能です。 筋肉の緊張を緩める眉間やエラなどのボトックスに対して、マイクロボトックスは皮膚の浅い部分に注射する治療です。 皮脂分泌を抑制し皮脂腺の縮小、皮膚表面積を減少させることにより、肌を引き締めます。 また、ボトックスには皮膚のコラーゲンやエラスチンを増やす効果もあるため、美肌効果も得られます。 マイクロボトックスの効果は、数日後から始まり、約3~4か月間効果が持続します。「シャネル注射+マイクロボトックス」は、エイジングケアに最適な施術の1つです。

当院でのシャネル注射方法

手打ち式注入法

当院では機械を使わず、医師が極細の注射針を用いて丁寧に注入していく”手打ち式”でシャネル注射を行っております。 部位によって必要な薬剤量を調整しながら、オーダーメイドでの注入が可能です。 機械での注入が難しい目元や、鼻、唇、首など細かい部分にも注入が可能です。

ダーマペン治療との併用

当院で人気の施術である「ダーマペン4」治療時に、シャネル注射の美容液を併用することができます。 ダーマペン4治療は、マルチプルニードル(16本の針)で開けた微細な刺し傷が治る過程で、多様な成長因子が放出されて、線維芽細胞の働きが活発になり、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を増やしてハリと弾力を高め、滑らかな肌へと導く治療です。 お肌に微小な穴をあけたところで、シャネル注射の美容液成分を加えることで、ハリ・ツヤがよりUPした綺麗な肌が手に入ります。 シャネル注射+マイクロボトックス」は、エイジングケアに最適な施術の1つです。

こんな方におすすめ

潤いやハリが欲しい
今までの美容治療で満足できない
毛穴が気になる
シワやたるみが目立ってきた
メイク乗りが悪い

施術の流れ

  • STEP.01
    カウンセリング
    お肌の状態を確認し、施術についての説明を行います。
  • STEP.02
    ご準備
    洗顔後、表面麻酔(クリーム麻酔)を塗布し、20分程おきます。
  • STEP.03
    施術
    極細の注射針を用いて医師が美容液を注射していきます。 施術終了後は、美容液が注入されたことによる膨疹がありますが、数時間でおちつきます。

治療について

所要時間 30~60分程度(施術時間は約10分)
ダウンタイム 膨疹(数時間)、発赤(2-3日)、内出血(1-2週間)
入浴について 当日は入浴は避け、シャワーのみにしてください。 また、当日は洗顔は患部を強く擦らないように、ぬるま湯で流す程度にしてください。
効果的な施術ペース 3〜4週間に1回、1クール3回
副作用 発赤、内出血、アレルギー(非常にまれ)
アフターケア 施術後、肌は非常にデリケートな状態となっています。 術後2週間程はマッサージ・エステ等は行わず、必要以上に患部は触らないようにしてください。 また、遮光ケアを徹底し日焼けを避けてください。

シャネル注射料金表

治療方法 料金(税別)
手打ち法(1瓶/3cc) 全顔28,000円
ダーマペンオプション価格 1回18,000円 (ダーマペン料金は別)
シャネル注射ダブル(+3cc) +20,000円
ボトックス追加 +10,000円
サーモンDNA追加 +10,000円
リジュランサーモン注射追加1本 +50,000円

よくある質問

どれくらい持続しますか?
1回の注射で約3週間、3回の定期的な注射で約1年効果が持続します。 定期的に打つ方が効果を継続しやすくなるため、最初は2~3週間おきに3~4回、4回目以降は1ヶ月おきに計5回ほど行い、その後はメンテナンスとして3~6ヶ月おきの施術をおすすめ致します。
痛みはありますか?
塗る麻酔をして行うので痛みは我慢できる程度となっております。
リジュランサーモン注射とどう違いますか?
リジュラン(サーモン注射)は、シャネル注射の製剤よりも粘度や弾力が高い製剤です。 そのため、目周りの小じわを改善したい方や、ボリュームが欲しい方にはリジュランがおすすめです。 肌質改善を優先される方にはシャネル注射がおすすめです。
手打ちとダーマペン導入どちらが良いですか?
手打ちのメリットとしては、目のキワなど細かい部分にも薬剤を注入できるため、気になる部分を重点的に治療することが可能です。 一方で、毛穴が木になる方は手打ちよりもダーマペンでの導入をおすすめします。 ダーマペンはお肌に微小な針を無数に空けていく治療ですので、1つ1つの毛穴へアプローチできますが、手打ちでは毛穴全てにアプローチすることが困難なためです。
手打ちのダウンタイムは水光注射と同じくらいですか?
機械や体質によっても異なりますが、手打ちの針の方が細く、吸引システムも無いため、内出血などのトラブルが起こりにくいと考えます。 水光注射と手打ちの両者を経験したほとんどの患者様から、手打ちの方がダウンタイムが少なかったとの声をいただいております。