サクセンダ(GLP-1ダイエット)



痩せるホルモン、「GLP-1」とは?

GLP-1は、元々ヒトの体内に存在するホルモンで、食事摂取により小腸から分泌されます。 GLP-1の分泌量が少ない人は、食事の消化・吸収が早く、なかなか満腹感を得られず、多く食事を摂取してしまう傾向にあるため、太りやすいと言えます。 反対にGLP-1の分泌量が多い人は、胃腸での食事の消化・吸収が穏やかであるため、食事量が少なくても満腹感を得やすく、食欲も出にくいという特徴があります。そのためGLP-1は「痩せるホルモン」とも呼ばれ、アメリカやヨーロッパでは、肥満治療として承認されています。 当院ではサクセンダのオンライン診療(ご郵送または当院でPick UP)を行なっております。※1年以内の採血結果を御提示いただける方のみ対象です。

GLP-1製剤、「サクセンダ」とは?

世界で認められた安全性

GLP-1製剤はアメリカのFDA(食品医薬品局)、欧州連合(EU)加盟28か国で承認されている肥満治療製剤で、既にGLP-1を用いた減量法が肥満治療のスタンダードとなっています。 日本では、2010年より2型糖尿病の治療薬として承認され、臨床で使用されていますが、ダイエット目的としては自費診療になります。 もともとは糖尿病のお薬ですが、単独では低血糖を起こしにくい薬剤です。

食欲を抑えてダイエット

GLP-1は血糖をコントロールする働きがある他、食欲中枢に働きかけて食欲を抑制し、空腹感を感じにくくします。 また、胃ぜん動の抑制による胃内容排泄遅延(=お腹が空きにくい、食べすぎると胃もたれして後悔するので食べ過ぎない)という働きがあります。 GLP-1ダイエットなら、ストレスなく食事量を減らすことができ、基礎代謝アップにより脂肪も分解されやすくなります。

耐性や依存が起こりにくい

これまでの抗肥満薬(例:サノレックス)は依存性や耐性の問題から、治療期間が3ヶ月などに制限されていました。 GLP-1製剤は耐性が起こりにくく、他の抗肥満薬と比較しても安全性が高いことが特徴です。

こんな方におすすめ

ついつい食べ過ぎてしまう
食事制限がストレス
運動が苦手で、ダイエットが長続きしない
ダイエットに成功しても、リバウンドしてしまう

副作用、合併症について

必ず医師の指示に基づいて、使用量を守ってください。 嘔気、嘔吐、食欲不振、胃のむかつき、倦怠感などを感じることがあります。 吐き気は約40%の頻度で認められます。サクセンダを始めた初期に起こりやすく、体が薬に慣れてくると次第になくなっていきます。

主な副作用

悪心、嘔気、嘔吐、食欲不振、胃のむかつき、倦怠感

重篤な副作用

胃腸障害、低血糖(糖尿病患者)、頻脈、甲状腺疾患、胆石症·胆嚢炎(激しい腹痛、背部痛、幅吐、発熱など)、 急性腎不全、 アナフィラキシーショック、腸閉塞 、うつ、自殺企図

サクセンダ(GLP-1)自己注射方法

サクセンダは毎日自己注射していただきます。最初の1週間は0.6mgを注射していただき、効果が薄ければ1.2mgに増量します。 1.2mgを1週間以上打ち続けて、効果が薄ければ、1.8に増量する、という形で必要に応じて増量してください。 注射方法はクリニックで看護師が指導しますが、こちらの動画も参考にしてください。 ※使用済みの針はクリニックにて破棄しますので、持参またはご郵送ください。

サクセンダ(GLP-1注射)料金表 ※税別

キャンペーン価格(お一人様2本まで) 1本24,000円
初回1本 39,000円
1本 50,000円
2本 80,000円
3本 120,000円
採血代(初回のみ) 5,000円
針・アルコール綿 無料

よくある質問

サクセンダは1本で何日分ですか?
サクセンダは1本あたり18mgですので、毎日0.6mg投与で30日分、毎日1.2mg投与で15日分、毎日1.8mg投与で10日分、毎日2.4mg投与で7.5日分、毎日3.0mg投与で6日分となりますが、1.2mg〜1.8mgの投与量で、結果が出ることが多いです。
0.9mgや1.5mgなど、目盛り設定のない数値でも打てますか?
必ずサクセンダの目盛り設定(0.6mg,1.2mg,1.8mg,2.4mg,3.0mg)で使用してください。故障等の原因になることがあります。
副作用が心配です。
主な副作用としては、悪心、嘔気、嘔吐、食欲不振、胃のむかつき、倦怠感があります。 その中でも吐き気の副作用は頻度が高く、患者さんの約40%に出現すると言われています。 しかし薬剤が体内に適応して投薬後8週以内に徐々に収まっていきます。 重篤な副作用としては、膵炎、胆嚢疾患、腎機能障害、自殺念慮などがあります。 心拍数を上昇させるため、安静時に脈拍が持続的に増加した場合は投薬を中止します。
サクセンダの効果はどれくらいですか?本当に痩せられますか?
サクセンダは、肥満度指数(BMI)が27~29.9 で1つ以上の体重関連疾患がある人、または BMIが30以上で2型糖尿病でない成人3731名を対象とした56週間の臨床試験により効果が確認されています。 食事指導と運動療法を併用した上でサクセンダを投与したこの試験では、64%の人達で体重の5%以上(平均 約 5.4kg)減少、34%の人達で体重の10%以上の減量(平均約 10.4kg)減少、6%未満の人達が体重の 20%以上の減量(平均約 21.3kg)効果が見られました。 結果には個人差がありますが、臨床試験においても十分な減量効果が認められています。
サクセンダは朝や夜、いつ打てば効果的ですか?
サクセンダは、1日1回、 おおよそ同じ時刻に注射をすれば、 効果はいつ打っても変わりませんが、午前中がおすすめです。 食前や食後は関係ありませんが、毎日撃ち続けることが重要です。
サクセンダを決まった時間に打ち忘れた時はどうすればいいですか?
投与するべき時間から12時間未満の場合は、気づいた時にすぐ注射します。 12時間以上過ぎている場合は、1回スキップして次の予定時間に1回分のみ投与します。 ただし、2~3日以上投与しなかった場合は、再び0.6mgから始めてください。 高用量で始めると吐き気などの副作用が出てしまう可能性があるためです。